Scientific Programmer 募集

研究成果たるアルゴリズムの普及・社会応用に向けたソフトウェア実装を行っていただく,scientific programmer を募集しています.

詳細は JREC-IN のページを御覧ください.以下,求人の概要です.

職務内容

国立情報学研究所が国立研究開発法人科学技術振興機構と協働で実施・運営するERATO蓮尾メタ数理システムデザインプロジェクトにおいて、研究成果たるアルゴリズムの普及・社会応用に向けたソフトウェア実装を行うこと。主に以下の業務を行う。

  • 論文等を通じた技術調査
  • アルゴリズムの効率的な実装
  • ユーザーインターフェイスの整備
  • ドキュメント等の整備
  • ソフトウェアの保守、改良
  • その他、研究成果の普及・応用に向けた業務

※ プロジェクト詳細については http://group-mmm.org/eratommsd/ をご覧ください。または、メールにてお問い合わせください。

※ 物理情報システムの信頼性保証において世界最先端の研究を行いつつ(たとえば [Waga+, CAV’19] [Zhang+, CAV’19] [Komorida+, LICS’19])、研究成果の産業応用にも力を入れています(たとえば https://group-mmm.org/eratommsd/ja/vvav-symposium-201905/ )。やりがいはもちろん、今後のキャリアに大きく役立つ経験をしていただけると信じております。

※ 実装していただくソフトウェアのプロトタイプの例としては、次をご覧ください。
https://github.com/ERATOMMSD/falstar https://github.com/MasWag/SyMon

資格・条件

  • 情報系分野の修士号以上の学位をお持ちの方、またはそれと同等以上の知識を持ち、ソフトウェア開発の豊富な経験をお持ちの方
  • ご自身の得意なプログラミング言語に加え、必要に応じて、他の言語による開発にも迅速に対応いただける方
  • 日常的な英会話ができること(プロジェクトには多数の外国人研究者がいます。TOEIC720点以上、もしくは英検準一級程度を目安になさってください)
  • 情報系の英語の論文を苦労なく読んでいただけること
  • プロジェクト全体の動きを把握して、良好な人間関係を築き、円滑な開発推進をおこなっていただける方

また、次のようなスキル・経験を高く評価します(応募に当たっての必須条件ではありません)

  • 組み込みソフトウェア分野での研究開発経験
  • プログラミング言語理論や形式手法分野、ソフトウェア工学分野における研究開発経験.資質・経験によっては、特任研究員としての雇用も考慮します

待遇など

  • 雇用期間: 2020年4月1日~2021年3月31日
    ※ 着任日は応相談。早めることができます。
    ※ 業務の評価結果、業務の状況及び予算等により更新することがあります。ただし、最長で2022年3月31日まで。契約の更新は年度ごとに行うこととします。
  • フルタイム,9:00~17:45 の勤務です.
  • 基本給:月額241,000円~715,000円(経験,専門性の度合いに応じ算定。ご相談ください。)
  • 社会保険等加入