自動運転車の安全性に数学的証明を与える新手法を開発
~論理的安全ルールの効率的導出により自動運転の社会受容を加速~

以下の論文の成果を,NII および JST からニュースリリースしました.

情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII、所長:喜連川 優、東京都千代田区)のアーキテクチャ科学研究系教授 蓮尾 一郎らの研究チームは、科学技術振興機構(JST、理事長:橋本 和仁、東京都千代田区)の戦略的創造研究推進事業 ERATO 蓮尾メタ数理システムデザインプロジェクト(ERATO MMSD、研究総括:NII アーキテクチャ科学研究系 教授 蓮尾 一郎)のもと、自動車の自動運転システムの安全性に強い数学的保証を与える技術とその基礎理論を開発しました。

本研究では、自動運転安全性の数学的証明のための既存の方法論「RSS(責任感知型安全論、responsibility-sensitive safety)」に注目し、その応用範囲を大きく拡大し実世界へ本格展開できるよう拡張した手法「GA-RSS(goal-aware RSS)」を確立しました。形式論理学の知見を用いた今回の拡張によって、非常停止などの目標達成を求める複雑な運転シナリオに対しても、安全性の数学的証明が可能になります。

本研究成果は、2022年7月5日(米国東部時間)に、「IEEE Transactions on Intelligent Vehicles」のオンライン版で公開されました。

リンク

ニュースリリース: 自動運転の経路計画プログラムから危険動作を自動検出する手法を開発 ~細かい指定をせずに、現実的かつ危険な動作を発見する~

以下の論文の成果を,NII および JST からニュースリリースしました.

Generating Avoidable Collision Scenarios for Testing Autonomous Driving Systems. Alessandro Calò, Paolo Arcaini, Shaukat Ali, Florian Hauer, Fuyuki Ishikawa, IEEE International Conference on Software Testing, Verification and Validation (ICST 2020)

進化計算でハザードシナリオを探索する際に,「危ないけれど避けようがない」シナリオでなく,「システムの変更によって避けることができた」シナリオをうまく探索する技術です.

3報の論文が ETAPS 2020 に採択

ERATO MMSD プロジェクトの研究者が著者・共著者となる3報の論文が, ETAPS 2020 – European Joint Conferences on Theory and Practice of Software に採択されました.

  • Juraj Kolčák, Jérémy Dubut, Ichiro Hasuo, Shin-Ya Katsumata, David Sprunger and Akihisa Yamada. Relational Differential Dynamic Logic. 26th International Conference on Tools and Algorithms for the Construction and Analysis of Systems (TACAS 2020) 
  • Takamasa Okudono and Andy King. Mind the Gap: Bit-vector Interpolation recast over Linear Integer Arithmetic. 26th International Conference on Tools and Algorithms for the Construction and Analysis of Systems (TACAS 2020)
  • Satoshi Kura. Graded algebraic theories. 23rd International Conference on Foundations of Software Science and Computation Structures (FoSSaCS 2020)

European Joint Conferences on Theory and Practice of Software (ETAPS) は理論計算機科学分野での主要イベントの一つであり,国際会議4つ(ESOPFASEFOSSACS and TACAS)およびその他ワークショップ等のイベントの集合体です.ETAPS 2020は 2020年4月に,アイルランド共和国ダブリンにて開催予定でした(COVID-19 のため延期).

ICECCS 2019 最優秀論文賞

Xiaoyi Zhang,Paolo Arcaini,石川 冬樹の三氏による論文が国際会議 ICECCS 2019 — the 24th International Conference on Engineering of Complex Computer Systems — で最優秀論文賞を受賞しました.

Xiao-Yi Zhang, Paolo Arcaini, Fuyuki Ishikawa:
Assessing the Relation Between Hazards and Variability in Automotive Systems. ICECCS 2019: 190-199. [ieee]

著者の三氏は ERATO MMSD プロジェクトのメンバーです(グループ3,石川冬樹グループリーダー).

ICECCS は形式手法分野のトップ国際会議の一つです(CORE rank A).昨年の受賞に続き,ERATO MMSD プロジェクトから2年連続の最優秀論文賞受賞となります.

2報の論文が ITSC 2019 に採択

ERATO MMSD プロジェクトの研究者が共著者となる2報の論文が,ITSC 2019 – the 22nd International Conference on Intelligent Transportation Systems に採択されました.

  • Chao Huang, Boyuan Li, Masako Kishida. Model predictive approach to integrated path planning and tracking for autonomous vehicles. IEEE Intelligent Transportation Systems Conference (ITSC 2019), 2019
    [doi | arxiv]
  • Sasinee Pruekprasert, Xiaoyi Zhang, Jérémy Dubut, Chao Huang. Decision Making for Autonomous Vehicles at Unsignalized Intersection in Presence of Malicious Vehicles. IEEE Intelligent Transportation Systems Conference (ITSC 2019), 2019
    [doi | arxiv]
  • ITSC は自動運転をはじめとするインテリジェント交通システム分野の主要国際会議です.ITSC 2019 は2019年10月にニュージーランド オークランド市で開催されました.

    2報の論文が ICECCS 2019 に採択

    ERATO MMSD プロジェクトの研究者が共著者となる2報の論文が,ICECCS 2019 – the 24th International Conference on Engineering of Complex Computer Systems に採択されました.

  • Étienne André, Didier Lime, Mathias Ramparison. On the expressive power of invariants in parametric timed automata. The 24th International Conference on Engineering of Complex Computer Systems (ICECCS 2019), pp.87-96, 2019
    [doi]
  • Xiaoyi Zhang, Paolo Arcaini, Fuyuki Ishikawa. Assessing the Relation Between Hazards and Variability in Automotive Systems. The 24th International Conference on Engineering of Complex Computer Systems (ICECCS 2019), pp.190-199, 2019
    [doi]
  • International Conference on Engineering of Complex Computer Systems (ICECCS) はソフトウェア科学・ソフトウェア工学分野の主要国際会議です.ICECCS 2019 は2019年11月に中国南沙市で開催されます.

    和賀 正樹氏,FORMATS 2019 で最優秀論文賞を受賞

    和賀 正樹氏が,下記の論文によって,FORMATS 2019 – the 17th International Conference on Formal Modeling and Analysis of Timed Systems – において最優秀論文賞(Oded Maler Award) を受賞しました.

    Waga M. (2019) Online Quantitative Timed Pattern Matching with Semiring-Valued Weighted Automata. In: André É., Stoelinga M. (eds) Formal Modeling and Analysis of Timed Systems. FORMATS 2019. Lecture Notes in Computer Science, vol 11750. Springer, Cham. [Springer | arxiv]

    和賀 正樹氏は ERATO MMSD プロジェクトのリサーチアシスタント(グループ3)です.彼は総研大情報学専攻の博士課程に在学中であり,日本学術振興会特別研究員(DC)でもあります.

    プロジェクト シンポジウム 「高信頼自動運転システムのための先進的研究」終了

    ERATO 蓮尾メタ数理システムデザインプロジェクト シンポジウム
    「高信頼自動運転システムのための先進的研究:数理的理論から,AI 協働,ソフトウェアプラットフォームへ」を 2019年5月21日に開催し,88名の方にご参加いただいて,盛況のうち終了しました.お越しのみなさま,どうもありがとうございました.

    いくつかの講演のビデオとスライドを公開しています